40代で未経験の異業種に転職、と聞くとなかなか高いハードルがあると感じられます。実際、40代の社員に求めるのは即戦力やマネジメント力でしょう。企業に対して利益を提供できる状態でないと転職は大変厳しいと言えます。

しかし、未経験となるとこれら条件を満たす事はできないでしょう。では転職するためにはどうしたらいいか検証してみました。

まず、未経験の職業の就職活動では、新しい仕事への熱意や自分でどこまでその仕事に関する知識を集めたかなどをアピールしましょう。業界研究は最低限して下さい。そのうえで未経験でも何らかのスクールや講座があればそれを受講したり、独学で勉強した事をしっかりアピールして仕事への熱意がある事をしっかり示してください。そして、就職できたあともその努力を怠らず、一日でも早く企業に貢献できるようになるという事を伝えて下さい。

また、職種は違ってもこれまでしてきた仕事での経験もセールスポイントになります。社会人としてのマナーや後輩への指導、対人スキルなどはどの会社でも必要となる事です。

これまでの仕事から学んだ事、企業に対して貢献できたことなどを転職活動前にまとめておくとよいでしょう。

40代ならの転職活動は長引くと覚悟した方が良いです。前職に就いている間に新しい就職先から内定をもらうことが出来たらそれがベストです。反対に、一度退職をしてしまった場合は失業保険の申請をしてから転職活動をしましょう。