私の周りには、これまで何人か転職をしている人がいます。転職をする時、その新しい職場の難しさなどいろいろ聞くことがありますが、どの友人もが、一応転職に成功していると言えます。

しかも前職を辞める前から転職先を探し初めて、辞めた後、タイミングよく転職をしているのですね。私は転職は難しいと聞いたこともあるので、どのようにして転職を成功させているのかが不思議に思うのですが、友人たち曰く、あまり難しく考えるほど転職はうまくいかないと言います。

例えば転職の給料の条件。転職をする際に給料アップを狙って転職を希望する人は多いけれど、あまり高望みすると転職先はなかなか決まらないし、その上仕事ばかりがきつくなって、結果はしっかり求められるということにもなりかねないというのです。

そのために大切なのは、やり甲斐、給料は同じくらいでもいいから、労働条件が良くなるところに転職するといいということでした。そうすると転職をしても希望が満たされるというのです。

だから私の周りの友人は、転職で困った経験やガツガツした経験があまりないそうです。どちらかというと緩い感じで転職活動をしている感じがしますね。

転職する人は、転職先にこれまで自分が得られなかった条件を求めることもあります。そのためにここでもない、希望の条件にあてはまるところはないと頭を悩ませることが多いのですが、友人たちを見るともっと本来は気軽な気持ちで取り組んでもいいのかもしれないと思わざるをえません。

なので会社をやめたいと思った時がタイミングで、やり甲斐がなければすぐ他の仕事を探しても良いのだということですね。

有給休暇取れない会社、取らせない会社からの脱出
こういった話もありますので転職は慎重になさったほうがよいのです。

たとえば、労働組合についても熟知しておくと良い場面もあります。